media production

メディア制作事業部

新人ディレクター

voice02

新人ディレクター


企画から編集まですべて担当。

在名局の情報番組の制作に携わっています。アシスタントディレクターを経て、初めて一人で担当したのは5分間のミニ情報コーナー。企画出しからリサーチ、台本、取材アポ、撮影ロケ、編集まですべて担当するためプレッシャーは大きなものですが、そのぶん達成感は大きく、視聴者の方から良い反響があるとうれしいです。一つのコーナーをつくるのに、制作期間は3日〜1週間ほど。放送日が決まっているため焦る場面も多々ありますが、先輩方に助けていただきながら経験を積んでいます。


人との関わりを大切に。

働くうえで心がけているのはやる気と元気です。今携わってる番組の制作には総勢100人以上が携わっているので、普段から大きな声で挨拶したりと、先輩方に自分の存在をアピール。周りの方々と積極的に関わることで、企画や演出で煮詰まった時に助けていただけたり、思わぬ場面でチャンスをもらえることもあります。また、ずっと同じテーマに集中して取り組んでいると、気づかないうちに、初見の視聴者に伝わりづらい構成になりがち。個人の仕事として責任感を持ちつつ、独りよがりな視点にならないように気をつけています。


出会いと刺激にあふれた毎日。

幼い頃から「テレビ番組のディレクターになりたい!」と言い続けてきた私。夢が叶った今、働くことが本当に楽しくて。これからディレクターとして成長し、いずれは番組のメイン特集を担当したいと燃えています。テレビ番組の制作をしていると、この仕事をしていなければ経験できないことや会えない人がたくさん。いろいろな世界を知ることができるのが、仕事の醍醐味だと思います。インターネットだけでなく、意識して新聞やニュースを見たり、人の話に耳を傾けたりと、何事にも好奇心と興味をもつことが、仕事の引き出しにつながると学びました。